深良マユミ
 
深良マユミ

深良マユミ

「深良マユミってどんな人?」
07年夏に、電子書籍でデビューした小説家。エンターテインメントでありながら人間の悲しさ、美への憧れ、人生の謎などを感じさせる作品を書くことが目標。影響を受けた作家は、江戸川乱歩、谷崎潤一郎、など。
「深良マユミ」の筆名は、夢野久作の短編小説「巡査辞職」のヒロインの名前。
mixi では「玉藻の前」というネームなので皆様から「玉藻」とよばれている。なのでアカウントも「まゆみふから」に「たまも」をくっつけました(笑)ちなみに「玉藻の前」は、自分では能楽「殺生石」のヒロインの名前のつもりだったが、調べると、天竺、唐をまたいで、美貌と博学と話術で皇帝たちを幻惑し、国家を混乱の渦に陥れた大妖怪の名前であった!

…こういう存在に、私は魅了されるのです。目標にしたいものです(?)

日本のいにしえの美が大好きだが、なかでも能好きさんなので、謡(観世流)と大鼓(高安流)を習っている。09年8月に能舞台で謡いを謡ったときの動画がyoutube にありますので、よろしければどうぞ。


深良マユミより、2009年までに発表した10作品の収録されたCD-R をお求めいただくことも出来ます。こちらをご参照ください。
http://mayumifukaratamamo.blog21.fc2.com/blog-entry-849.html

価格は税込み2000円です。メールいただければ銀行口座のご案内をいたします。
お問い合わせを心よりお待ちしています。

お問い合わせのメールアドレスは  lovelyfox55@gmail.com  でございます。

★★2010.10.15のお知らせ★★
作曲家、鈴木理子さんと作ったアルバム「MFRS」が、ついにネットの店舗にて販売開始!!!!
ここでお求めいただけます。

http://pme.jp/shop/cgi/cue/m_shop.cgi?class=all&keyword=1292&FF=0


長い紹介文をお読みいただき、ありがとうございました。
URL
https://www.facebook.com/mayumifukaraleningrad
 

花骸(はなむくろ)

世にも珍しい紫色の椿があった。それを毎晩一本切り取るために訪れる「四位の少将」。百夜、その椿を捧げるために、毎晩彼は訪れる。

購入後すぐに電子書籍形式で閲覧ができます。(雑誌本体が届くわけではありません)購入した書籍はマイページに保存され繰り返し閲覧できます。

販売価格: ¥ 220(税込)

ショッピングカートに入れる

書籍ご購入の説明はこちら
カテゴリ:
書籍系 > 小説・エッセイ
地域:
京都府(京都市中京区)
発行日:
2013/11/24

花骸(はなむくろ) 目次・詳細

詳細

(2013年11月発表)深良マユミの平安王朝物語、第二弾。
百夜通うのは「深草の少将」。こちらの「四位の少将」は椿の花を折り取るために通う。そこには、年若い帝の思惑が。

目次

  • 【一】
  • 【二】
  • 【三】
  • 【四】
  • 【五】
  • 【六】
  • 【七】
  • 【八】
  • 【九】

コメント 

ログインしていません。ログイン または、仮名さんから

800
  • 深良マユミ

    深良マユミさんooshimatakehikoさん、コメントどうもありがとうございます!!いつも拙作を愛読していただき感謝の言葉もありません!「花骸」」の陰の主役が主上というのはおっしゃる通りでさすがの炯眼です。ヒューマニズムが前に出ている、のかどうかはなんともいえません(笑)作者としては、もっと四位の少将の性格を重文に書いた方が良かったなあとも思っております。そこが「慌てて作り上げた」なんですよね。しかしながら、この作を書いたおかげで平安京の地理は完全に頭に入りました(笑)どうも込めんとありがとうございました。12月に出る新作小説もよろしくお願いします。

    • 2013年11月26日 11:57
  • システム

    ooshimatakehikoさんこのお話の影の主役は主上です。家庭に恵まれず、人間との関係の築き方がへたくそな少年が、誠実で真剣な男の生き方を見て多少の学びを得る物語だと思うとおもしろい。この作者さんの作品としては珍しいくらい、ヒューマニズムが前に出ていると思いました。率直に申し上げると「宇治の橋姫」のほうが構成が素晴らしいです。こちらは少しあわてて作り上げたという感がある。

    • 2013年11月25日 15:51
  • 深良マユミさん花骸(はなむくろ)を発表しました。

    花骸(はなむくろ)

    220円 17ページ

    ログインしていません » ログイン
    または、仮名

    800